マンズ

ワイン苦手でも気にならない

ワインが苦手、という人にお勧めしたいのは、ブドウの他の果物の風味を加えたワインです。
フランスの「ルイィブラン・レクロ・クロード・ラフォン」は、青リンゴやライムの香りがさわやかに漂う、食前酒向けのワインです。
アメリカの「シャルドネ・レッドショルダー・ランチ・シェファー」は洋ナシの匂いがただようとともに、厳選されたブドウを用いた飲みやすいワインになっています。

フランスのロワール地方を代表する「ミュスカデ・セヴル・エメーヌ・シュルリー」はグレープフルーツのような香りで酸味が高級感を醸し出してくれます。
ブルゴーニュ地方の「ジュヴレイ・シャンベルタン・ジョルジュ・リニエ」はサクランボのような香りが漂う、力強い味わいがするワインになっています。

イタリアのプーリア州で有名な「リヴェラ・カステル・デル・モンゼ・ロゼ」は見た目も美しいさくら色であり、ベルガモットの香りが漂います。
ポルトガルの名高いテイラー社のポートワイン「テイラー・レイト・ボトルド・ヴィンテージ」は、アルコール度数は高いものの、口当たりは柔らかく、滑らかなのどごしが人気の輸入ワインです。
他の果物の風味がするワインはその他にもたくさんありますので、自分の舌で味わってみるといいでしょう。


このページの先頭へ