マンズ

ワインのボトルがペットボトルの詳細

近年ペットボトル入りのワインが各メーカーから発売されています。
マンズワインでは、ワインボトル同様の性能で、薬剤を使うことなく酸化防止を防ぐ、ペットボトル入りのワインが販売されています。
アサヒビールからは保存が簡単である点や、割れにくさ、リサイクルが容易になるなどのメリットを打ち出して、「Rela」シリーズを発売しています。

キリンビールでも、ワイン専用のペットボトルとして、ほかのペットボトルに比べて酸素が侵入しにくい構造のペットボトルを用い、「メルシャン」シリーズを販売しています。
これらのシリーズはワインボトルに入っているものと比べて大きく味や品質が変化することはありませんが、肝心となるのは、ワインボトル同様、保存の仕方といえるでしょう。

ワインは光に当てると化学変化してしまい味や香りが大きく劣化してしまいますので、できるだけ光に当てないようにしてください。
特にペットボトルですと遮光性は低くなるため、購入したらすぐ舞いバッグなどに入れるといいでしょう。
温度や湿度が急激に変化するような場所でも影響を大きく受けることになりますので、ボトルを開けるまでは冷蔵庫や使っていない押入れなど、両方の条件が安定している場所で保存してください。


このページの先頭へ