マンズ

ワインの収納集の詳細

ワインの収納のためには、幾つかのポイントがあります。
ワインは若い状態で飲むのが適したものと、熟成させた方が美味しくなるタイプとがあります。
後者のワインをより美味しく飲むためには、しっかり保存することが大切です。

まず、温度と湿度に気を遣いましょう。
長期の熟成を目的とするのであれば、温度は10~15度に保たれている状態が理想です。
温度が高いと変性してしまい、低すぎると熟成が止まってしまう場合があります。
また冷暖房がある場所のように、自然の範囲を超えて大きく温度変化が起きるような場所は避けるようにしましょう。
そして湿度は、低すぎるとコルクが乾燥しやすくなり高すぎるとラベルなどにカビが発生することがあります。
理想としては60%程度の湿度がいいでしょう。

その他の条件としては、ワインの化学変化を避けるために光は当てないようにしてください。
振動を与えるとやはり化学変化してしまうので、静かな場所に保存するようにしましょう。
また、コルク栓が乾燥すると収縮してしまい、そこから空気が瓶の中に混入してワインを参加させる結果となってしまうために、それを防ぐのには寝かせて保存しておくようにします。
家庭では発泡スチロールの箱に密封し、冷暖房のない部屋の押し入れに入れるといいでしょう。


このページの先頭へ